Author:
• 金曜日, 12月 29th, 2017

萬金聖母聖殿は、萬金天主堂とも言います。こちらの聖堂は台湾南部の屏東県にあり豚足が有名な萬巒鄉の萬金村に存在しています。歴史をさかのぼること約150年もなって、現在の教堂は1870年から使用され始め、台湾で現存する教堂としては最古のものと言われています。現在は三級古蹟に認定され、古蹟となりました。

聖堂は一度南部大地震で崩壊しました。後に神父と信徒の協力により修復し、ようやく1870年には現在の聖堂が完成しました。歴史では1865年の南部大地震により、聖堂が破壊されたことがありますが、実はその前にも何度となく異教徒の人々により、破壊行動や放火が行われてきて、地震後の修復時には規模も信徒の数も増加していましたので、1870年には現聖堂の完成にこぎつけました。1945年のアメリカ軍の爆撃にされても奇跡的に無傷でした。毎年12月になると、その美しいクリマスのイルミネーションを観るために、台湾中から多くの人がこの地につめかけ、現在は有名な観光地となりました。

Author:
• 火曜日, 12月 19th, 2017

日本の桜の季節になると、お花見にと日本へ行く台湾からの観光客が多いのですが、実は台湾の山桜もとてもキレイですね。2月ごろに咲く色の濃い桜になります。5月になれば油桐花は見ごろなので、苗栗などの観光地は混みあいます。7,8,9月の夏休みの時期は、台東の金針花です。日本語ではワスレグサが一般的ですが、実は世界中で6万種もあり、台湾には1000種もありますよ。その名前も一つではありませんが、満開には台東県の金針山がとてもキレイです。台湾東部の海岸山脈上にある台東県の金針山は、標高800mです。行きやすい方法にするなら台鉄の太麻里駅から車で50分の金針山かもしれません。前日から金針山の青山農場に宿泊して、次の日は車で更に山頂の石頭屋に向かえたら便利だと思います。ここは1954年から金針花栽培と乾燥作業を行っていて、すごく有名であり、摘み取るのは次の日には開花してしまう前のつぼみです。

Author:
• 金曜日, 11月 17th, 2017

台北から車で南投竹山にある紫南宮へ行きました。生憎の雨でしたが以外に観光客が結構いました。実はここが台湾で一番ご利益がある宮のようです。そう考えたら確かに、雨にもかかわらず、観光客の多いことで、建物も立派ですし、参道も広くて整備されているように思いました。

営業時間は7:00~21:00、年中無休なので、南投に来たらぜひ寄ってきてください。

バスで行く場合は高鉄で台中駅から降りて、台湾好行バスという個人向けのツアーバスを使うのはお勧めです。詳しくは台湾好行バスのHPで知ればて下さい。溪頭線で、竹山交流道へ行けば、紫南宮の無料シャトルバスが8:40~16:40の間、1時間に1本あります。車壟埔斷層教育園區內の警衛室にて下車、戻りのバスは9:00~17:00の間に利用できるそうです。

紫南宮が全国からの信者に願えば必ず聞き届けるというようになれるために、毎日の午前7時から午後 9 時までにお金を求めることと受領手続きを受け付けされて、もし願いがあれば、是非試してみてください。

Author:
• 火曜日, 10月 31st, 2017

古今台湾では雲林県の古坑というところがコーヒーの最大生産地と言われて、ご当地までコーヒーを飲みに行く人が増えてきましたが、「古坑」の母は三地門の徳文村なんで、徳文コーヒーを知る人は、まだ少ないですが、日本統治時代に徳文村がコーヒーの栽培に適していると見抜き、実は初めてここにコーヒーの樹を20本植えたのはなんと日本人でした。古坑はその20本の中から育ってきたものを分けてもらってその後植えたというわけです。私たちもコーヒー樹の山を真向かいに、小さな石板家屋の中でコーヒーをオーダーしていただきました。お味のほどは、アラビカなので、私にとってはちょうどいいですが、濃いのが好きな人はそのままでも、ミルクと砂糖をタップリ入れてもコーヒーの味は十分おいしく楽しめます。私と主人はブラックをチビチビ飲んでみましたが、飲んだ後口の中に苦味がいい具合で、香りも炭焼きコーヒーのような大人のコーヒーという味でした。

Author:
• 木曜日, 10月 26th, 2017

台南の麻豆代天府は、1662年の時設立されて、当時は保寧宮と呼ばれました。その後保安宮に改名し、現在は五王廟とも呼ばれていますが、、参拝客がとても大勢です。主祭神は、李、池、吳、朱、范の五王を指し、約1万坪の敷地内に三大殿や觀音寶殿などの建物があります。3年に1度大きなお祭りが催して参拝の人はとても多いです。麻豆代天府へ行くとしたら台鉄の隆田駅から行くのは一番便利です。

駅前のタクシーで約15分前後200元くらいで到着します。駅前にはレストランとジュース屋さんなどもありますので、行く前には先に食べてから、代天府へと向かった方がおすすめです。

隆田駅から出て左へ2,3分くらい歩いたところには、隆田考古展示室がありますが、そこで台南で出土された文物などを展示されて、色々な文化や歴史なものを調べられます。そして大きな門の向こうに入って左側の觀音寶殿の形がものすごく大きいので私たちも驚きました。

Author:
• 金曜日, 9月 29th, 2017

台湾の中部の観光地日月潭と九族文化村の間にロープウェイが開通されて、全長1,877mを誇るロープウェイは、2つの山が位置しており九族文化村に行く際に楽しく乗れますよ。日月潭寄りの卜吉山と九族文化村寄りの8号柱はなんと1044mの高さがありますので、この2つの山の間の距離は、786mにもなり、その山間の一番深いところは140mにもありますので、下を見下ろすだけでスリル満点の気分ですね!日月潭ロープウェイ駅の2Fから乗車する際にチケット1枚で往復分になります。九族文化村への入場は、入場料大人780元、学生680元、小学生580元、60歳以上、身障者手帳をお持ちの方、妊婦、6歳以下で100cm以上の子供は390元ですが、料金にはロープウェイ代も含まれます。ロープウェイ乗車の際に、手に蛍光スタンプを押してもらって1Fの観山亭を入って、左側は日月潭からの往復ロープウェイに乗ると九族文化村へ入場しない客たちの乗り場です。九族文化村は少数民族の文化も味わえますので、是非一度も入ってみてください。