Archive for ◊ 7月, 2017 ◊

Author:
• 金曜日, 7月 28th, 2017

古くから昔から茶葉や乾物・漢方薬、布地の問屋街として栄えて来た迪化街は、つい最近、台北市が掲げた都市再開発計画により、どんどんと新たな姿に変貌を遂げているエリアになりました。そんな進化し続ける迪化街に2迪化二0七博物館が新たに登場しました。昔ながらの乾物屋さんや布地屋さんが少しずつ姿を消してしまい、代わりにMIT(台湾製造)グッズを販売する店やオシャレなカフェレストランが増えつつありますので、このエリアはついに博物館を成立されました。古い迪化街と新しい迪化街を繋ぐそんな素晴らしいスペースには迪化街の歴史と文化、そして生まれ変わって行く街並みはとても芸術性の高い建物はいっぱいあります。この辺は元々の持ち主により2006年に売却に出されて台北市の文化資産として保存の対象となり、建て替え、また改装は簡単にはいかなくなりました。歴史を保存して、広くに開放しようという同様の考えがあり、生まれ変わらせたのがこちらの迪化二0七博物館になりました。

Author:
• 金曜日, 7月 21st, 2017

1995年5月8日に、タイのチェンマイで喘息による発作を起こしたテレサテンは、42歳の若さで亡くなりました。当時私もまだ子供だったですが、大勢な方々は泣いた映像はテレビに放送されて、やはりものすごく影響がある用です。死後多くの霊園が土地提供に名乗りをあげましたが、最終的に遺族が山に囲まれ、海も望めるロケーションを誇る場所を選びました。霊園の名前は金宝山と言います。テレサは今ここで眠っていますが、お墓にはいつも無数のお花が手向けられましたので、今でもその人気がありつつですね。私たちもこのきっかけで合掌しました。ちなみにテレサの本名は鄧麗筠なのでお墓は、本名から一文字取って筠園と名付けられています。墓石は南アフリカの大理石、そして、棺の蓋には薔薇がありました。テレサのお墓の前は記念公園にあります。中には音符をかたどるように植えられたお花の中でテレサが気持ち良く歌っているようなゴールドの像があり、彼女の歌もずっと放送されてまるで巨大ピアノも音を奏でています。