Archive for ◊ 9月, 2017 ◊

Author:
• 金曜日, 9月 29th, 2017

台湾の中部の観光地日月潭と九族文化村の間にロープウェイが開通されて、全長1,877mを誇るロープウェイは、2つの山が位置しており九族文化村に行く際に楽しく乗れますよ。日月潭寄りの卜吉山と九族文化村寄りの8号柱はなんと1044mの高さがありますので、この2つの山の間の距離は、786mにもなり、その山間の一番深いところは140mにもありますので、下を見下ろすだけでスリル満点の気分ですね!日月潭ロープウェイ駅の2Fから乗車する際にチケット1枚で往復分になります。九族文化村への入場は、入場料大人780元、学生680元、小学生580元、60歳以上、身障者手帳をお持ちの方、妊婦、6歳以下で100cm以上の子供は390元ですが、料金にはロープウェイ代も含まれます。ロープウェイ乗車の際に、手に蛍光スタンプを押してもらって1Fの観山亭を入って、左側は日月潭からの往復ロープウェイに乗ると九族文化村へ入場しない客たちの乗り場です。九族文化村は少数民族の文化も味わえますので、是非一度も入ってみてください。

Author:
• 月曜日, 9月 25th, 2017

はローカル線の平渓線に乗って、終点の菁桐駅に行ってきました。この地方は実家に近いですが、意外に何回しか来たことありません。行った日はすっきりしないお天気ですが、雨が降りそうけど降らない曇り空でした。このお天気が、平渓ならではの独特の天気らしいです。菁桐駅は、1929年に建てられて70年以上の歴史がある古い駅で、今は国家三級古跡に指定されています。現存している日本式木造駅は全部で4つの中にその中の一つでもあり、保存状態はなかなか良好です。今でも毎日多くの観光客に利用されています。駅から降りたら、菁桐名物の「雞捲」の店が何軒もありました。列車の中でお弁当を食べてもまた食べたくなってしまい、さっそく買って家族でシェアしました。チキンロールはうちの母もよく作って、日本人だと想像できないかもしれませんが、中身は、豚肉、タロイモ、タマネギ、ニンジンなどがあって、それを湯葉で巻いて揚げています。いつの間に菁桐名物のグルメになってしまったそうです。