Archive for 12月 29th, 2017

Author:
• 金曜日, 12月 29th, 2017

萬金聖母聖殿は、萬金天主堂とも言います。こちらの聖堂は台湾南部の屏東県にあり豚足が有名な萬巒鄉の萬金村に存在しています。歴史をさかのぼること約150年もなって、現在の教堂は1870年から使用され始め、台湾で現存する教堂としては最古のものと言われています。現在は三級古蹟に認定され、古蹟となりました。

聖堂は一度南部大地震で崩壊しました。後に神父と信徒の協力により修復し、ようやく1870年には現在の聖堂が完成しました。歴史では1865年の南部大地震により、聖堂が破壊されたことがありますが、実はその前にも何度となく異教徒の人々により、破壊行動や放火が行われてきて、地震後の修復時には規模も信徒の数も増加していましたので、1870年には現聖堂の完成にこぎつけました。1945年のアメリカ軍の爆撃にされても奇跡的に無傷でした。毎年12月になると、その美しいクリマスのイルミネーションを観るために、台湾中から多くの人がこの地につめかけ、現在は有名な観光地となりました。