Author:
• 月曜日, 7月 21st, 2014

コンビニはもとより店で買物やレストランで食事をすると日本同様レシートが発行されることが多い。(屋台など一部はなかったが)台湾のレシートは「統一発票」いう、宝くじになっていることだ。番号はレシートの上の方に濃く書かれていますので見れば分かると思う。ちなみに最初にアルファベットの2文字があり、後に8桁の数字が書かれていた。
またレシートの裏には抽選日だとか注意書きなどが書かれて住所や氏名の記入欄もあった。
抽選日は2ヶ月に1回で奇数月の25日です。
私も小学生になってからずっとこのレシートを大事にして、買い物したら必ず取って持って帰ります。特等は200万元 1本 1等は20万元で3本、2等4万元 3等が1万元だった。昔なら二か月一回で300元のレシートを当たっていました。銀行に行ったらお金はもらえます。でも最近は厳しくなってきて半年一回で当たってるのも珍しいことです。
今でもレシートは大事に取ってる人々はかなり多いと思いますね。
無題

Category: 台湾の文化
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.