Author:
• 木曜日, 8月 21st, 2014

1920年代から醸造醤油、雲林県の有名なブランドの作成しました。その中に観光工場がありまして、中に入りましたら見学できます。豆を調理するから、醤油の生産ラインの完全なプロセスを提示し、酵母系、翌日にすべてのプロセスさらさシリンダー、瓶詰め、包装など、明らかに植物より多くのゲーム、2500以上の古代の粘土の背後にある同国最大の骨壷、人の前に提示されている人々が安心して感じるように骨壷は醤油、伝統的な天然醸造法の内部被ばく中である。最初のオーナーは毎日醤油のバッケツを背負って毎日町の中心に行って販売しています。今は地元の人にものすごく信頼されて品質いい醤油として広がっています。工場の見学も大変楽しいですので、子供たち連れて行ったらいい勉強になると思います。もちろん友達へのお土産も意味があるので、私は自己用を含めて5本も買いました。台湾の醤油はやはり日本の味がちょっと違いますね。どっちでも美味しいけど。
ダウンロード

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.