Author:
• 土曜日, 3月 12th, 2016

花草巷は龍山寺の隣の西昌街の仲にあります。青草は薬草の意味があるので、薬草店はこちらに集中してあります。そして台湾でとても人気ある青草茶も、ここで売っています。夏場で飲んだらかなりひんやりになり、のどの乾きも即解決できます。からだの『火』という熱気は抑えてくるらしい。そして打ち身や捻挫、打撲などあればこちらの薬草を薬の代わりに湿布にして、大変良くなるみたい。私も子供の時こういうような民間治療にされたことあります。この辺に歩いてみたら、昔の雰囲気があふれているので、文化の観光としても滅らしい場所であります。そして試しに青草茶を飲んでみたら体にエネルギを注入して、元気いっぱいなると思います。日本人には少しきつい味かもしれませんが、子供の時からよく飲んでいる我々はいいお味とはいえるものですね。

こちらの店の雰囲気はまるで小説の中にある場所です。一周歩いてみると別の世界に入った気がすると思います。

Category: 台湾の文化
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.