Author:
• 金曜日, 3月 31st, 2017

今日は台湾の一番南、屏東県までやって来て気候も暖かく、空気もおいしいし、台湾原住民パイワン族に訪ねてきました。三地門は台湾原住民パイワン族が多く住む場所で、三地門郷には11個の村があって、それぞれ強い特色を発揮しています。今回は三地門郷内を中心に彼らの文化にどっぷりとつかり、人生生まれて初めてのマンゴー狩りに超楽しくやってkました。 パイワン族の人たちがパイワンのしきたりに従って私たちを迎えてくれました。原住民の帽子をかぶったら、火が燃えてる鉢の上を跨ぎ、木の棒をくぐり、そして水をかけられてとても楽しかったです。パイワン族はお客をうちへ招く時、このようにうちの中に火を起こし、その火は客がいる間は絶やしてはいけないそうで、とても珍しいです。水をかけられたのはある種の清めだそうで、日本なら相撲の塩みたいなもんでしょう。そして歌と踊りを見ながらの食事です。食事にはどこの原住民料理にも大体ある山猪の肉をいただき、とてもおいしかったです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.