Author:
• 水曜日, 5月 31st, 2017

台湾は昔からサトウキビが主な農産品でしたので、この建物は古い歴史が持って日本によって新式の製糖工場として作られました。台湾人は台糖と呼ばれています。砂糖が国外販売品でトップを占めましたので、現在製糖業は国の主要な産業ではありません。最高時では国外売り上げの半分滋養を占めていましたが、当時建てられている事務所や工場内は、当時では相当の資金をつぎ込んだ場所でした。現在でも十分観賞に値する建造物となって、台湾に帰った際に辿り着きました。

時代の流れと共に現在稼動している製糖工場も少なくなってしまいましたので、どこの工場でもそのノスタルジックな建築と現地で販売される砂糖の甘さが台湾人の懐かしいことをひきつけています。

製糖工場の建物は現在博物館となりました。今回来たら外でたくさんを写真を撮って、中にも入ってみました。ここでは、サトウキビが工場に運送されてきてから、どのように圧縮された結晶になり、糖分を分離していたかなど、どのような作り過程をいろいろ知ることができます。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.