Author:
• 金曜日, 7月 21st, 2017

1995年5月8日に、タイのチェンマイで喘息による発作を起こしたテレサテンは、42歳の若さで亡くなりました。当時私もまだ子供だったですが、大勢な方々は泣いた映像はテレビに放送されて、やはりものすごく影響がある用です。死後多くの霊園が土地提供に名乗りをあげましたが、最終的に遺族が山に囲まれ、海も望めるロケーションを誇る場所を選びました。霊園の名前は金宝山と言います。テレサは今ここで眠っていますが、お墓にはいつも無数のお花が手向けられましたので、今でもその人気がありつつですね。私たちもこのきっかけで合掌しました。ちなみにテレサの本名は鄧麗筠なのでお墓は、本名から一文字取って筠園と名付けられています。墓石は南アフリカの大理石、そして、棺の蓋には薔薇がありました。テレサのお墓の前は記念公園にあります。中には音符をかたどるように植えられたお花の中でテレサが気持ち良く歌っているようなゴールドの像があり、彼女の歌もずっと放送されてまるで巨大ピアノも音を奏でています。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.